防水工事

ウレタン防水

液体のウレタンを塗ることで、丈夫な防水層を形成するのが“ウレタン防水”。
工期が短く、屋上やベランダなどどんな場所でも施工できるため、最も人気がある工法です。

● こんな箇所におすすめ
すべての箇所に

● ウレタン防水の特徴
・施工場所の形状が複雑でも施工可能
・短期間の工事でOK
・劣化した場合でも重ね塗りで防水性が向上

もっと見る

FRP防水

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使用とした、とにかく丈夫で強度の高い防水工法。
船舶や自動車、水槽などの様々なものに用いられており、複雑な形状の場所にも対応可能です。

● こんな箇所におすすめ
人の出入りが多い屋上やベランダ

● FRP防水の特徴
・ガラス繊維で補強した強靭な防水層
・重歩行が可能なため出入りの多い場所に適している
・軽量のため建物に負担をかけない

もっと見る

シート防水

シート防水にはゴムシート防水と塩ビシート防水の二種類があり、当社ではどちらの施工にも対応しています。

コスト面を重視したい方、耐久性を重視したい方など、ご要望に合わせてのご提案はもちろん心がけておりますし、施工する箇所の状態によっても向き・不向きがあるため、プロ目線でのアドバイスもご期待ください。

一級防水技能士が、お客様のお困りごとやご要望にぴったりと合ったベストなものをご提案いたします。

もっと見る

アスファルト防水

液状のアスファルトと、防水性に優れたアスファルトシートを積み重ね、厚みのある防水層をつくる工法です。
水密性・耐久性が高く、メンテナンスの回数を減らすことが可能。

ただし防水層が重くなるため、木造建築には向いていません。
従来のアスファルトに合成樹脂や合成ゴムを混ぜることで、低温下でのシートの強度を高めたり、アスファルトを窯で溶かす必要がないよう原料面・施工面で改良しています。

もっと見る

シーリング工事

シーリングとは、サイディングやALCといった外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目を埋める目地材のこと。
窓などのサッシまわりにも使われており、ゴムの特性を活かして、隙間から外壁内に水が浸入するのを防いでいます。

目立たない部分ですが、年月が経つとやせ細ったりひび割れたりといった劣化症状が発生し、雨漏りを引き起こすこともある、大変重要なパート。
10年に一度を目安にシーリング工事を行いましょう。

もっと見る