FRP防水

■FRP防水をご紹介!

近年人気を集めているのが、ガラス繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)を使用としたFRP防水。
船舶や自動車、水槽やバスタブといった様々な箇所の防水工事に用いられており、強度・耐水性・成型性に優れています。

液状の不飽和ポリエステル樹脂を主原料に、ガラス繊維などの補強材を加えた塗膜防水で、複雑な形状の箇所にも対応可能。
重歩行や車両の走行にも耐えうることから、出入りの多いベランダや、人が立ち入ることの多い屋上、外廊下などの防水工事に向いています。

継ぎ目の無い美しい仕上がりの防水層は、着色もできるため、外観にこだわりたい方にもぴったり。
保護層が不要で材料自体も軽量のため、建物に負担をかけない点も大きなメリットです。

ただしプラスチック特有の欠点がいくつかあり、その一つが、紫外線に長期間あたると劣化してヒビ割れてしまうという点。
防水層を長持ちさせるためには、定期的にトップコートを塗り替える必要があります。
また、施工中は臭いが周囲に広がってしまうことがありますので、ご近所への挨拶や説明など、臭気対策は必須です。

一覧ページに戻る