外壁塗装・屋根塗装

■ 外壁塗装・屋根塗装をご紹介!

塗装は美観を保つだけではなく、お住まいを守る大切な工事です。

外壁や屋根は、常に直射日光や風雨、激しい寒暖差の影響を受けています。
塗装が外壁や屋根を保護している間は問題ありませんが、その効果が切れてしまうと、たちまち劣化してしまいます。

建物を安全に長く使うために大切なことは、適切なタイミングで塗り替え工事を行うこと。
それぞれの劣化状況やご要望に合わせたベストな塗り替えで、暮らしの安心を守ります。

■ 外壁の塗り替え目安

□ ツヤがなくなっている 【危険度:★☆☆☆☆】
外壁塗装後数年で、発色が悪くなり、ツヤがなくなってきます。
ただし、この時点では建物にダメージは及んでいませんのでご安心を。

□ 汚れが目立ってきた 【危険度:★★☆☆☆】
汚れや色あせが目立ってきたら、外壁を保護する塗膜の劣化が進んでいるというサイン。
塗り替えを急ぐ必要はありませんが、これ以上の症状が出てくる前に塗り替えの準備をしておくのがおすすめです。

□ 壁を手で触ると白い粉がつく 【危険度:★★★☆☆】
外壁を手で触ると手に白い粉がついたりはしませんか?
これは「チョーキング」といって、紫外線によって分解された塗料が粉状になっている状態です。
ここまで症状が進むと、外壁を保護する塗料本来の性能を発揮できなくなっています。
費用対効果も考慮すると、塗り替えのベストタイミングでしょう。

□ ひび割れがある、コケが繁殖している 【危険度:★★★★☆】
外壁塗装面が劣化してくると、表面が乾燥したり湿気を吸い込んで膨張するなど、ひびが出やすい状態になってしまいます。
幅3mm以上のひび割れがある場合は、水分がすでに建物の内部へ浸透している可能性が高いので、すぐにメンテナンスしましょう。
外壁が長時間湿気にさらされると、コケやカビが発生することもあります。

□ 塗膜が剥がれている 【危険度:★★★★★】
下地の劣化や密着不良によって塗膜がはがれている場合は、早急な塗り替えが必要です。
もはや外壁を守るものは無くなっているので、直射日光や風雨のダメージを直接受けている状態。
このまま放置しておくのは大変危険です。

■ 屋根塗装のポイント

● 万全の下地準備

劣化が進行している屋根材はひび割れや錆などが発生しています。
そんな状態で塗装を行っても、すぐに塗料が剥がれてしまうため、意味がありません。
ひび割れ部分を埋めたり、サビを削ったりして、塗膜がしっかり密着するよう細かい調整やしっかりした準備が重要です。

● 最適な塗料選択

どんな環境にも適合するオールマイティーな塗料は残念ながらありません。
そのため、専門の職人による塗料の見極めが非常に重要です。
お住まいの周辺環境や既存の塗膜との相性、使用素材など様々なことをふまえ、ベストな塗料を選定いたします。

● 塗料に適した丁寧な施工

塗料は、メーカーによって薄め方や乾燥時間など、使用方法が細かく定められています。
どれだけ良い塗料を使用しても、規定を守らなければその効果を最大限発揮することはできません。
各塗料に合わせた丁寧な施工が重要です。

一覧ページに戻る