シート防水

■ ゴムシート防水をご紹介!

ゴムシート防水とは、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法のことです。
シート自体の分子構造は安定しており、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れます。
しかし、シート同士の接着は接着剤と粘着テープを用いるため、溶融一体化しないという特徴も。
コスト面は比較的安価であり、手軽かつ短工期で済む工法なので、目立ちにくい箇所の工事や応急処置として重宝する防水工事と言えます。
軽量性も兼ね備えており、上に保護層を塗れば軽歩行も可能です。

■ ゴムシート防水のメリット・デメリット

● メリット

・伸縮性が高く下地の亀裂にも柔軟に追随する
・温度による物性変化が少なく、寒い地域・暑い地域問わず施工できる
・短工期かつ低コスト
・目立ちにくいところの防水工事や応急処置にも適している
・軽量性があるため木造建築への施工にも向いている

● デメリット

・下地が平らである部分にしか施工できない
・シート同士を接着剤で貼り合わせるので、接着剤の耐用年数に気をつけなければいけない
・紫外線や鳥害、衝撃に弱い

■ 塩ビシート防水をご紹介!

塩ビシート防水は、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを下地に貼り付ける工法です。
シートを接着剤で貼るだけなので施工がしやすく、複雑な形状や狭い場所にも適しています。
ジョイント部分がたくさんある場合でも、シート同士を熱風で溶かして一体化することができるので問題ありません。
紫外線・熱・オゾンへの耐久性に優れており、耐候性の高さや鳥害を受けにくいといった点も特徴です。
単層防水のため短工期・低コストで施工できるうえ、模様や色がプリントされた意匠性に優れているシートもご用意。
接着工法と機械的固定工法の二種類があり、後者では下地が湿っている状態でも施工が可能です。

● メリット

・紫外線・熱・オゾンに優れた耐久性
・カラフルな色や模様がプリントされたものなど、バリエーション豊富
・高い伸縮率と耐摩耗性を持ち、保護層なしでシートの上を軽歩行できる
・鳥害に強い
・短工期・低コスト

● デメリット

・下地が平らである必要がある
・接着剤でうまく接合できない場合は、熱風で溶かして接着することもある
・元々硬い素材であるため気化すると硬くなってしまい、割れやすい

一覧ページに戻る