ウレタン防水

■ ウレタン防水をご紹介!

ウレタン防水はあらゆる場所で施工しやすく、短工期でしっかりとした防水層を形成できるといった点が魅力です。
液体のウレタン樹脂を使用する工法で、材料を塗り固めると継ぎ目の無い美しい防水膜で仕上がるのが、その特徴。 伸びが大きいため、凸凹がある場所や、形状の複雑な場所にも簡単に施工できるというメリットがあります。

施工場所に物があったり、古い防水層が残っている場合でもその上から施工できるため、全面改修する必要が無く、コストも半分以下に。
材料を塗るだけというシンプルな施工法のため、工期も短く済み、廃材も出ないので、環境面にも配慮した優れモノです。 

短所らしい短所はあまりありませんが、ひとつ挙げるとするなら、経年による劣化や亀裂に弱いこと。
ただし、これは上から重ね塗りすれば解決できますので、他の防水工法に比べてメンテナンスもしやすいといえます。

ウレタン防水には2種類の工法がありますが、下地内部が水分を帯びている可能性があるなら“通気緩衝(かんしょう)工法”、下地調整後に直接塗料を塗ることができるなら、“密着工法”を採用するのがスタンダードです。

●通気緩衝(かんしょう)工法
通気層を設け、下地や古い防水層内部の水分を逃がす工法です。
アスファルト系の材質や不織布でできた緩衝シートを下地に貼りつけ、その上にウレタン防水材を塗布。
脱気筒を通って水分が外部に排出されるため、防水層の膨れの防止といった点で役立ちます。

●密着工法
下地に直接ウレタンを塗り、防水層を密着させる工法です。
雨が直接当たらないようなベランダなど、比較的面積の狭い箇所におすすめ。
価格が安いので一見魅力的に思えますが、直接雨が当たるような屋上などに施工してしまうと下地の水分を逃すことができず、防水層の膨れや劣化といったトラブルにつながることもあるため、注意が必要です。

一覧ページに戻る