アスファルト防水

■ アスファルト防水をご紹介!

アスファルト防水工事は最も歴史が長く、信頼性も高いのが特徴。
アスファルトを含ませてコーティングしたシート状の防水材を用いた防水工法で、耐久年数の長さがメリット。

水密性に優れており、バラつきのない均質な防水層をつくることができますが、低温下に弱く、防水層がもろくなりやすいといったデメリットもあります。
さらに、ニオイがきつく、工法自体も溶融釜を用いた大掛かりなものであるのが難点でした。

しかし昨今は、アスファルトに合成樹脂や合成ゴムを混ぜることで、低温下でのシートの強度を高めたり、アスファルトを窯で溶かす必要がないよう原料面・施工面で改良されています。

煙やニオイの発生も抑えることができるようになったたため、近隣の方にご迷惑をかけることなく、確実な防水層をつくれるようになりました。
耐久年数は20年前後と長く、メンテナンスの頻度を下げつつも、強力に水をシャットアウトします。

■アスファルト防水のメリット・デメリット

● メリット
・歴史が長く、信頼性が高い
・水密性・耐久性に優れている
・耐久年数が20年と長い
・均質な防水層をつくることができる

● デメリット
・防水層が重くなってしまうため、木造建築に向かない

一覧ページに戻る