個人の方へ

個人の方へ

防水工事は各工法により耐用年数があり、例えばFRP防水ですと約10年~15年と言われています。環境により耐用年数に差は出ますが、この耐用年数はひとつの目安です。

防水層全体的に言えますが、浮き、はがれ、亀裂、コケが生えているなどの箇所があれば、メンテナンスのサインです。「塗装工事をして防水工事を見逃し雨漏りしてしまった。」よくある話ですが防水もきちんとしたメンテナンスが必要です。

無料雨漏り診断実施中!

もっと見る

雨漏り調査・補修

ついつい甘く見てしまいがちな“雨漏り”は、建物にとって寿命を縮める大敵。
建物内部への水分の侵入を許してしまうと、構造部分の傷みにつながったり、湿気た木材が大好物である白アリを呼び寄せてしまったり、恐ろしい事態を招いてしまいます。

「天井に染みができている」「クロスが剥がれてきて、裏地部分を触ると湿っている」といった症状はありませんか?
当てはまる場合はすぐに当社まで雨漏り修理・雨漏り診断をご依頼ください。

もっと見る

外壁診断・下地補修

外壁のひび割れや剥がれを発見したら、早急にご依頼ください!

わずかな隙間からでも、水分は容赦なく建物に入り込みます。
雨漏りや腐食、さらには湿った木が大好物の白アリによる被害……。
大切なお住まいを守るためにも、外壁のメンテナンスは欠かさずに行うことが重要です。

早め早めのタイミングで対策を施すことが、外壁補修のポイント。
当社にご依頼いただければ、外壁の状態を正しく見極め、適材適所の施工をお届けします。

もっと見る

シーリング工事

シーリングとは、サイディングやALCといった外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目を埋める目地材のこと。
窓などのサッシまわりにも使われており、ゴムの特性を活かして、隙間から外壁内に水が浸入するのを防いでいます。

目立たない部分ですが、年月が経つとやせ細ったりひび割れたりといった劣化症状が発生し、雨漏りを引き起こすこともある、大変重要なパート。
10年に一度を目安にシーリング工事を行いましょう。

もっと見る

外壁塗装・屋根塗装

前回の塗装工事、いつされましたか?

10年以上経過していれば要注意です。
外壁や屋根に色あせやひびなどが発生している場合は、そろそろ塗り替え時期。
ひび割れや塗装の剥がれまで症状が進んでしまうと、下地にまで被害が及んでしまいます。

単に色を塗っているだけではなく、大切なお住まいを雨水や紫外線から守るという重要な役割が塗装にはあります。
お住まいの状況とご要望に合わせ、一軒一軒に最適なご提案をいたします。

もっと見る